【遺伝子検査】を受ける前にしなければいけない事!心得ておかないといけない事!

遺伝子検査 病気
  • URLをコピーしました!
目次

遺伝子検査をする前にやらないといけないこと

今では、WEBで申し込めば手軽に遺伝検査ができ
性格・才能・潜在能力・運動能力・病気の可能性などがわかりますが、検査を受ける前に知っておいて欲しい事があります。

病気の遺伝子検査を受ける前にすること(デメリット)

それは、生命保険に入ることです。
色々対応している十分な補償の生命保険に入っている方はいいのですが、遺伝子検査を受けて病気のリスクがあることを証明されてしまうと保険に入れなくなるからです。

例えば、遺伝子検査で皮膚ガンのリスクが高いと判定されてからでは、皮膚がんを補償できるタイプの保険に入れなくなるかもしれません。

私は、娘に病気の可能性があったので病院で『遺伝子検査』をすすめられ、親子で検査をうけました。
一応検査を受ける前に生命保険の申し込みをしようと思ったのですが、病気の可能性があるかもしれないことと、年齢がまだ14歳だったため十分な保険には入れませんでした。でも、娘が将来保険に入れなくて困るといけないので検査を受ける前に入れるめいっぱいの保険には入ることができました。
病気の種類、年齢制限などの条件は保険会社によって違うかもしれないので、保険会社の人に一度聞いてみてください。

でも、遺伝子検査で自分の病気のリスクを知り事前に知ることで定期的に検査を受けて病気の予防ができるので、とても有効だと思います。
娘の場合は検査を受けたことによって、病気を回避する対処方がわかったので受けてよかったと思っています。
ただ、病院で検査結果を聞く時に先生に言われた事は、「検査結果を聞いてショックを受ける人がいるので心の準備ができているかどうか、遺伝子ということで親を恨まないように先祖代々からもってるもので、お父さんやお母さんのせいではないことを説明します」との事でした。
娘は冷静に検査結果を聞いていました。
検査結果を聞いてショックを受ける人は検査を受けない方がいいです。

子どもの遺伝子検査を受けるなら病気の項目は受けない方がいいかもしれません。

才能・潜在能力・性格の遺伝子検査を受ける方に心得ておいて欲しい事

遺伝子検査キットで調べた結果は、あくまでも参考程度に見てください。
医師が診断したものでも、絶対的なものでもありません。
遺伝子検査で結果が出たからといって絶対その道に進まないといけないものでもなく、結局は本人の意思だと思います。
自分のこれから、子どもの未来を考える指標になればいいくらいのものです。

まとめ

ちょっと脅かす様なことを書いたので遺伝子検査受けるのを躊躇(ちゅうちょ)した方もいるかもしれませんが、才能や潜在能力を知ることで、自分や子どもの進むべきみつが見えてくるかもしれない。病気の可能性を知ることで病気を予防・回避できるかもしれない。今まで続かなかったダイエットも成功するかもしれないと思うと、よく当たる占い的な感覚で調べてみて、冷静に結果を受け止めて参考に出来る方なら遺伝子検査を受けるのもアリかと思います。

興味のある方は、一度試してみてください!
WEBで応募すると遺伝子検査キットを送ってくるので、キットに唾液など採取して返送するだけで検査ができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
たまひよSHOP
目次
閉じる